こんにちは!noteのほうでブックカバーの折り方について追加記事をUPしたので、こちらにも載せておきます。コピーになってしまうので、字体もnote仕様になっていますが(笑)、ご了承ください。

さて、部屋の模様替えをしたり、ふと思い立ったりして、本棚の本にすべてブックカバーをつけて統一感を出したい!という方は、けっこういらっしゃるのではないでしょうか?

でも、1枚1枚、手作業でカバーをつけていくのは、書店員のように、普段から慣れている人ならまだしも、一般の方には地道で気の遠くなるような作業だと思います。 

わたしは書店でアルバイトをしているのですが、実は、書店では、空いた時間に、とあるものを使い、あらかじめ上下の幅を本に合わせて折り目をつけたものを、たくさん作ってストックしているんです。

これをしておくと、ブックカバーをつける効率が上がります。一瞬でつけられます(笑)。ご自宅で大量にブックカバーをつけたい!というときはぜひこちらを使ってみてくださいね!

で、そのグッズが、こちら。

予想はついていたと思いますが、普通の、厚紙です。(背景が汚くてごめんなさい)

職場ではよりしっかりしたプラスチック版を使っていますが、厚紙でOKです。

文庫サイズのものを作るなら、上下の幅が15.2cmになるように、カッターなどで切ってください。用意したのは、100円ショップなどでも売っている本当にごく普通の厚紙です。上側もしくは下側を1回切るだけで済むので、ここではA4サイズのものを使っています。

1ミリ違うだけでフィット感が全然違います。厚紙の厚さなどから考えて、ぴったりにするには15.2cmがおすすめですが、もう少し余裕を持たせたい場合は15.3cmがおすすめです。

では、カットしたものを使って実際に折ってみましょう。

カバーに使うA4サイズの紙(裏面を上にする)の上に置きます。※上下を、きっちり柄に合わせて折りたい場合は、カバーを、オモテ面を上にしてその上に厚紙を置き、一旦、オモテ面に対して谷折りで癖付けしたら、それを逆方向に折り返せばやりやすいと思います。

まず、下側から折ります。厚紙が動かないように気を付けます。

(右利きの場合)次に、左手で厚紙を、下側の折り目にしっかり食い込ませるように、下側に向けて力をかけて固定したまま、右手で上側を折ります。

仕上げに、太い油性ペンのペン軸などで癖をしっかりつけます。

これで、書店でストックされている状態のカバーが出来上がりました!(笑)

あとは、横のミミを作って、差し込めば、完成です。


厚紙をただ切るだけという、ほんのひと手間なので、自宅でたくさんの本にカバーをつけたいとき、ぜひこの「ガイド板」をご用意してみてください~(^^

*すべて、いちから手で折っていくやり方はこちら


それでは!素敵な読書の時間をお過ごしください*
Me Ke Aloha Pumehana!
 




◆Twitterやってます



◆Instagramもやってます @mamolani




◆Facebookページもつくりましたっ!

MamoLani

Facebookページも宣伝